スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第九十六回華礼蓮句会」

【沈黙は激情・・・】
「第九十六回華礼蓮句会」でした。
・花浮かぶライトアップのまぼろしめき
・もっちりと母のてのひら草の餅
・子を孕み肥満かと見ゆ春の猫
・春の暮もう一仕事腰上げて   邦花

・緋ダリアや越路吹雪の愛唄ふ
・初恋は初恋のままつつじ白
・沈黙は激情なりしダリヤ黒
・オレンジの闘志むき出し君子蘭
・初蝶の光と影をはばたかせ   華礼蓮

13076553_1094149187297689_5967371827672380047_n.jpg
スポンサーサイト

薄青紫、薄赤紫の花たち。
春光にエレガントさが
より映えていました。

春光に薄紫の気品かな 華礼蓮

ああ〜淡い紫のドレスでワルツを踊りたくなりました(*^o^*)💜

12494691_1079191985460076_8687009432704444837_n.jpg
12923161_1079190532126888_505048950911171628_n.jpg
12417876_1079191895460085_1365882326831466428_n.jpg

  玉椿

今朝氏神さまにお参りしますともう三月の神さまのメッセージ。
ウォーキングしている時の私の気持にピッタリ重なりました。

「椿」が美しかったです。
「玉椿」は椿の美称。
花が咲き連なっている状態を「つらつら椿」といいます。

精一杯微笑み返し
         玉椿
               華礼蓮

意外な所で見つけた嬉しさに答えて
玉椿は微笑みを返してくれたようでした(^.^)

12510484_1026701567375785_1518039293702525370_n.jpg

散歩道で美しい桜紅葉に会いました。
紅というより橙色の景が広がっていました。
また桜落葉も美しかったですね。

【落葉】は十一月の季語です。

風の 掃く落葉
箒の掃く落葉 華蓮

今朝は風がなく暖かかったですが
時々風が綺麗に掃いたと思える落葉の小さな山があります。
風もやるなあ〜〜と感心しています。。

12301616_1011415982237677_3391240588542717091_n.jpg

12311095_1011415835571025_2599180579583795679_n.jpg

昼の蝉の声がだんだん
大人しくなり
夜の虫の音が少しづつ
大きくなってまいりました。

今夏と秋のバトンタッチが
あちこちで行われています。

もうすぐ
「誰もいない海」のメロディーを
聴きたくなります〜(^.^)

恋知りし
   夏の海から
        半世紀

                 華蓮

懐かしい夏の思い出の
一句でした。

11221958_952967131415896_647000833594346327_n.jpg

プロフィール

Karen321

Author:Karen321
◆1988年 諷詠俳句 入門  
俳句歴 25年
現在 華蓮カラースクールで月1回 華蓮句会 
第71回まで開催(2008/5より)

◆想い
先ずは日本の各々個性豊かで美しい四季の移ろいを
お伝えしたいと思っています。
 その時期の旬の言葉・・・ 季語を伝えたい。 

季語は、繊細で感受性が強い言の葉です。
季語を知り感じることで心が豊かになり
 生活にメリハリやけじめが生まれます。 
 
 俳句は季語の持っている季感(季語の五文字)と
 五・七の十二文字で自分らしい何かを
 表現するという文芸です。

 漢字をたくさん知り、語彙が多くなり五感が磨かれ
 知性・教養を高くします。

 そんな俳句を皆さんに分りやすくお伝え出来ればと  思っております。

 華蓮俳句はその中に特に色彩に注目して  
 カラーを入れています。
 カラーを入れることの視覚効果でより鮮やかな光景や 状況が浮かび出され印象強い一句となります。

 四季折々の彩りと繊細で美意識の高い季語に触れ
 句を詠んでいます。
 毎日一句、写真とともに味わって下さい。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。