椿

【椿派❤️山茶花派】

お早うございます。
椿、山茶花(さざんか)が咲いていました。左が椿、右が山茶花です。どちらもツバキ科ツバキ属の花で、
よく似ていますがはっきりした違いがあります。

椿は初春前後〜春、山茶花は秋〜冬
椿は雄しべや花弁が筒状、山茶花は花弁が一枚ずつ分かれている。
椿は花ごと落ちる、山茶花は花弁がバラバラになる。山茶花な方が花や葉が小さい。

椿は「あんこ椿は恋の花」
山茶花は「山茶花の宿」に代表されるイメージ。

つまり椿は情熱的、山茶花は寂しさを感じさせます。咲く季節や散り方がそんな情緒を醸し出すのでしょうか。
どちらも日常目にする花ですが、好き好きありますね。

さてあなたは椿派❣️
それとも山茶花派❣️

私は昔から、和な椿と洋な薔薇の二つが同時に大好きでした。

だから椿派かな。

✴︎鮮血で染め上げられし椿かな 華蓮16265578_1342285459150726_6205278235100582708_n.jpg
15781695_1317246698321269_6694059030046038873_n.jpg
スポンサーサイト

山梔子

山梔子の闇に姿態の浮かびけり    華礼蓮

13419162_1125012687544672_4896857450053791624_n.jpg

行く春

暦の上では春が終り五月五日(立夏)から夏になります。
今頃の季語はまさに「春行く」「春惜む」です。

行く春の後姿に恋してる     華礼蓮

今年の春の思い出は桜を始め百花繚乱。
それにまつわる沢山のいいお出会いもありました。

13077043_1098612693518005_6509811679477941551_n.jpg

躑躅

ひしめきて
   まだひしめきて躑躅かな
               華礼蓮


13087381_1096906160355325_9108822959113230524_n.jpg
13103427_1096906050355336_1732847231369723235_n.jpg

行春

【薄くれなゐ】
お早うございます。
今頃「春深し」「夏近し」「行春(ゆくはる)、春行く」「暮の春、暮春」「春惜む、惜春(せきしゅん)」などの季語があります。

行く春も思ひ出もみな薄くれなゐ
華礼蓮

柔らかな春光、さくらの花びら、過ぎ去った春の日の思い出は薄くれなゐに染められたシルクのヴェール。
心のクローゼットに仕舞ひましょう。

13051574_1096267260419215_2975418401654861101_n.jpg
プロフィール

Karen321

Author:Karen321
◆1988年 諷詠俳句 入門  
俳句歴 25年
現在 華蓮カラースクールで月1回 華蓮句会 
第71回まで開催(2008/5より)

◆想い
先ずは日本の各々個性豊かで美しい四季の移ろいを
お伝えしたいと思っています。
 その時期の旬の言葉・・・ 季語を伝えたい。 

季語は、繊細で感受性が強い言の葉です。
季語を知り感じることで心が豊かになり
 生活にメリハリやけじめが生まれます。 
 
 俳句は季語の持っている季感(季語の五文字)と
 五・七の十二文字で自分らしい何かを
 表現するという文芸です。

 漢字をたくさん知り、語彙が多くなり五感が磨かれ
 知性・教養を高くします。

 そんな俳句を皆さんに分りやすくお伝え出来ればと  思っております。

 華蓮俳句はその中に特に色彩に注目して  
 カラーを入れています。
 カラーを入れることの視覚効果でより鮮やかな光景や 状況が浮かび出され印象強い一句となります。

 四季折々の彩りと繊細で美意識の高い季語に触れ
 句を詠んでいます。
 毎日一句、写真とともに味わって下さい。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR