石蕗

穏やかな冬晴です。

今日は十一月最後の日。
明日からいよいよ
今年最後の月に突入‼

石蕗の花です。
日ざしに益々鮮やかな黄を
主張しています。

テレビに出る
       話煮詰まり
             石蕗の花

                       華蓮

昨夜、関テレの方がお見えで
情報番組にちょこっと出る
打合せをしました。流れるのは来春らしいです。。。(^-^)

1474645_623894904323122_1315373865_n.jpg
スポンサーサイト

山茶花

今朝は時雨でした。
これからは
雨が降ったり止んだり
晴れたり、曇ったりの
寒く冬らしい日が多く
なっていきますね。。

立派な山茶花を見ました。
ツバキの一種。

見分け方は
★ツバキ 紅花で春咲。
雄しべや花弁の下部が筒状

★サザンカ 白色花で秋~冬咲
花弁が一枚づつ分かれる。
花や葉が小さい。

散ることの
     美学山茶花
           こぼれをり

                     華蓮

はらはらと散る山茶花の
胸中は⁈

1477492_623460121033267_741122900_n.jpg

冬の薔薇

寒くても
凛と
健気に
変わらぬ美しさ

気位の
   高さに咲いて
          冬の薔薇


                華蓮


994368_622720101107269_690846067_n.jpg



銀杏黄葉

昨日歩いたフェニックス通りのイチョウです。
銀杏黄葉と書いて
いちょうもみぢ(じ)と
読みます。

日の女神
     銀杏黄葉と
           なりにけり

                   華蓮


999635_622921854420427_1141485720_n.jpg

桜落葉

今日はフェニックス通りに
ある宿院の住吉大社頓宮へ
お参りしました。

歩いている間にも
はらはらと桜の葉が
積もっていきます。
カラフルで美しく
決して踏めません。

宝石の
    ごとくに桜
         落葉かな

                華蓮

1463151_622461901133089_2077083155_n.jpg

実南天

水拭きの
    欠かさぬ廊下
           実南天

                    華蓮

実家の廊下は常に
掃除好きな母が
雑巾で水拭きされ
磨き上げられていました。
庭に実南天がありました。
今は懐かしい記憶です。。

1466311_621972047848741_1824222879_n.jpg

紅葉狩

幾千の
   生命の色や
         紅葉狩

                  華蓮

昨日の紅葉の紅の世界から
今まだ抜けていません。。

余りに美しい沢山の色達
自然が奏でるハーモニー
日本に生まれた幸せを
また一つ実感して来ました〜

1483337_621515401227739_1630521798_n.jpg

紅葉

マダム風
     マドモアゼル風
             紅葉かな

                     華蓮

1467325_621044667941479_227763410_n.jpg

紅葉

本当に素晴らしい
冬日和ですね。

今日は勤労感謝の日。
勤労に感謝をしつつ
紅葉狩にも行きたい気分です
(*^o^*)

紅葉して
    街並整理
         されにけり

                   華蓮


こんなにすっきりしていたかしら⁈
って紅葉を見ながら
我が街を改めて
見つめなおしました~

1466265_620538834658729_1500725966_n.jpg

落葉

今日は第六十七回華蓮句会でした。

十一月の季節感を詠んでいます。

落葉降り
     地球を柔ら
           かく包む      
 
                   華蓮

     1476631_620274931351786_1089525182_n.jpg
プロフィール

Karen321

Author:Karen321
◆1988年 諷詠俳句 入門  
俳句歴 25年
現在 華蓮カラースクールで月1回 華蓮句会 
第71回まで開催(2008/5より)

◆想い
先ずは日本の各々個性豊かで美しい四季の移ろいを
お伝えしたいと思っています。
 その時期の旬の言葉・・・ 季語を伝えたい。 

季語は、繊細で感受性が強い言の葉です。
季語を知り感じることで心が豊かになり
 生活にメリハリやけじめが生まれます。 
 
 俳句は季語の持っている季感(季語の五文字)と
 五・七の十二文字で自分らしい何かを
 表現するという文芸です。

 漢字をたくさん知り、語彙が多くなり五感が磨かれ
 知性・教養を高くします。

 そんな俳句を皆さんに分りやすくお伝え出来ればと  思っております。

 華蓮俳句はその中に特に色彩に注目して  
 カラーを入れています。
 カラーを入れることの視覚効果でより鮮やかな光景や 状況が浮かび出され印象強い一句となります。

 四季折々の彩りと繊細で美意識の高い季語に触れ
 句を詠んでいます。
 毎日一句、写真とともに味わって下さい。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR