茅の輪

今日は夏越しの大祓
茅の輪神事です。
早速くぐって
お参りしました。

くぐり方にも
作法がありますね。

茅の輪くぐりをして
半年の罪穢れを祓い
夏以降の疫病や穢れ除けを
祈願します。

吾のくぐる
    茅の輪に鳩の
            くぐりさう

                       華蓮

写真を撮ろうと構えた
まさにその時
鳩が茅の輪の前に
舞い降りました。
後でチェックして鳩も
写っていた事にビックリ‼

10511188_730214343691177_8632261535304870313_n.jpg




スポンサーサイト

浜木綿

浜木綿の花に出会いました。

浜木綿の
     姿大胆
         花繊細

                  華蓮

勇士のような姿から
白い傘のような花弁が
繊細で魅了されました。

10343499_729586650420613_3620801843714442535_n.jpg

紅うちわ

色の艶やかさに
惹かれました。
紅うちわなんですね。

緑より
   赤の生まれし
           紅うちわ

                   華蓮

葉の形のようなカラーや
緑から赤になっていく
経過が見られるのも
ありました(^.^)

10487402_729033627142582_6337122195334271534_n.jpg

梅雨晴間

散歩途中に咲いていた花・・・
さり気なく風に吹かれて。。
百合の一種でしょうか⁈

さり気なき
     出会ひに感謝
             梅雨晴間

                      華蓮

10514504_728480483864563_2764378672509236625_n.jpg

夏雲

昨日の午後でした。
堺駅へ向かう途中に
現れた雲。急に映画の中に
紛れ込んだような気に
なりました。
寅次郎◯◯みたいな(笑)

夏雲の
   在れて映画の
           ワンシーン

                    華蓮

10492454_727891043923507_8202314237680396041_n.jpg

身辺は鮮やかな色たちに
囲まれ始めました。
もう夏ですね\(^o^)/

鮮やかな
    彩整ひて
        もはや夏

                   華蓮

10470926_727361407309804_6045076500753797397_n.jpg

夏帽

俳句関係のことで
書棚を探していたら
昔、社会保険センター堺の
俳句教室へ通っていた頃の
句集を見つけました。
恩師と句友二十数名、
各自二十四句づつ発表して
います。
平成二年~十年まで八冊。

私の宝です。財産です。
あの時の師は今はもう
なくなられましたが、
私を俳句の世界へ
導いて下さり
今の私があります。

平成九年の句

夏帽の
   褪せて思ひ出
          褪せてゐず

                     華蓮


10447083_726852240694054_849449897095594173_n.jpg

白鳥草

この花の名は
白鳥草とか
バレリーナとか
言うんですって。
ステキですね。

白鳥草
老舗の菓舗の
寡黙なる

華蓮

目まぐるしい
車の往来がある
老舗の菓舗の店頭に
白鳥草の鉢が。
内に一歩入ると
静けさで満ちていました。

10455230_726274350751843_42155843298061545_n.jpg

カラー

雨の日曜日。
今日、長男は
TOEICに挑戦です‼

酒を汲む
     やうに水溜め
             カラーかな

                        華蓮

10469195_725646330814645_1575556277351815667_n.jpg

梅雨空

七色の
   傘梅雨空の
         笑ひけり

                   華蓮

余りにカラフルな傘
梅雨空も笑って
雨が止んでしまいましたぁー

10488116_725083127537632_3251232794566935152_n.jpg
プロフィール

Karen321

Author:Karen321
◆1988年 諷詠俳句 入門  
俳句歴 25年
現在 華蓮カラースクールで月1回 華蓮句会 
第71回まで開催(2008/5より)

◆想い
先ずは日本の各々個性豊かで美しい四季の移ろいを
お伝えしたいと思っています。
 その時期の旬の言葉・・・ 季語を伝えたい。 

季語は、繊細で感受性が強い言の葉です。
季語を知り感じることで心が豊かになり
 生活にメリハリやけじめが生まれます。 
 
 俳句は季語の持っている季感(季語の五文字)と
 五・七の十二文字で自分らしい何かを
 表現するという文芸です。

 漢字をたくさん知り、語彙が多くなり五感が磨かれ
 知性・教養を高くします。

 そんな俳句を皆さんに分りやすくお伝え出来ればと  思っております。

 華蓮俳句はその中に特に色彩に注目して  
 カラーを入れています。
 カラーを入れることの視覚効果でより鮮やかな光景や 状況が浮かび出され印象強い一句となります。

 四季折々の彩りと繊細で美意識の高い季語に触れ
 句を詠んでいます。
 毎日一句、写真とともに味わって下さい。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR