スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝桜


サクラの「サ」は、古代日本人が
神聖感を覚えた音で、
神霊を意味するようになり
とくに農耕神、サガミ(田神)をさすに至りました。
「クラ」は「座」を意味します。
すなわち、サクラは
「田の神の憑(よ)る座」でした。
その神格化が木花開耶姫(このはなさくやひめ)です。
サクラは農耕文化と深く結びついており
その年の豊凶を占う木でも
ありました。

透明に
   見ゆる花びら
          朝桜

                華蓮


11102774_882506631795280_6548035484374820657_n.jpg

スポンサーサイト

紫木蓮

大空へ
   今日も元気と
          紫木蓮

                  華蓮


1526389_881168375262439_7602357134164744350_n.jpg

春光

今の時期は特に
光の美しさを感じますね✨


春光に
   生まれ出づもの
          躍り出す

                  華蓮



11018142_881163825262894_3740484693822280296_n.jpg

10941860_881164218596188_5466938657821328023_n.jpg

19811_881163888596221_1783264170718176231_n.jpg

犬ふぐり

今、可愛い春があちこち
散りばめられています。


犬ふぐり
    地球のかけら
           かもしれず

                       華蓮

瑠璃色の小さな犬ふぐりは
幼い頃のままごと遊びの想い出。
小さく儚そうな花なのに
鮮明に蘇る記憶の一頁があります(*^^*)

10981958_880364218676188_313109669514444266_n.jpg

10155340_880364238676186_6308109429975735918_n.jpg

紅梅

菅原神社では八重の
紅梅が見事に満開。
足許には真白の水仙。
楼門(二階建て)があります。

紅梅や
   源氏の君と
        待合せ

                   華蓮

こんな風景にいると
源氏の君がふっと出てきそう。

11062136_879718022074141_4160107935072067359_n.jpg

11070190_879712025408074_3540435891209443588_n.jpg

11046463_879711972074746_2647377317218510529_n.jpg

11073387_879711995408077_2229624944094766583_n.jpg



水温む

「水温む」という季語があります。
寒さが緩んだ水辺に立って眺めると水の色や動きにも何とはなしに
温んできた感じがしますね。

生物を
    生む喜びに
          水温む

                   華蓮

水に生まれ育まれる生物達。
母性を持つ水。
春の水は母のようですね。

11079627_879021545477122_1764285204325185294_n.jpg

チューリップ

昨日は伊勢参で
自分自身を見つめ
神様に誓った事がありました。


この美しい日本の自然、四季、彩り
言葉をしっかり見つめ
もっともっと伝えていくという事。
日本が大好きだから。。。

チューリップ
      百の花咲く
            百の空

                    華蓮

大好きな花、チューリップ🌷
同じように見えてそれぞれの花が
目指す空があります。

10550928_878306028882007_1526216007366723644_n.jpg





伊勢参

・眼の合ひぬ満願蛙伊勢参

・颯爽と風引連れて春コート

・赤福や長蛇の列の長閑なる 華蓮


1896766_878120628900547_3884902471790946574_n.jpg

10410388_878120962233847_6821181470653824452_n.jpg

雪柳

白龍の
    ごとくにありし
            雪柳


                    華蓮

1958170_874779169234693_6404858441544143037_n.jpg




「第八十三回 華蓮句会」


「第八十三回華蓮句会♡ 」

今日は華蓮句会でした。
窓に春雨。
句材は椿でした。


先競ふつくしんぼうの一年生
野菜畑一畝残し種を撒く
ふきのとう青春に似てほろ苦し
春風や芽吹スイッチ入りたる
雲雀鳴く声大空に溶けにけり  邦花

衣ずれの音して春の雨なりし
春雨の音なき音のありにけり
絹糸を切りしごとくに春の雨
引き際のきれいな力士落椿
激情を残すくれなゐ落椿    華蓮

11071749_876812949031315_2568513844389057068_n.jpg
プロフィール

Karen321

Author:Karen321
◆1988年 諷詠俳句 入門  
俳句歴 25年
現在 華蓮カラースクールで月1回 華蓮句会 
第71回まで開催(2008/5より)

◆想い
先ずは日本の各々個性豊かで美しい四季の移ろいを
お伝えしたいと思っています。
 その時期の旬の言葉・・・ 季語を伝えたい。 

季語は、繊細で感受性が強い言の葉です。
季語を知り感じることで心が豊かになり
 生活にメリハリやけじめが生まれます。 
 
 俳句は季語の持っている季感(季語の五文字)と
 五・七の十二文字で自分らしい何かを
 表現するという文芸です。

 漢字をたくさん知り、語彙が多くなり五感が磨かれ
 知性・教養を高くします。

 そんな俳句を皆さんに分りやすくお伝え出来ればと  思っております。

 華蓮俳句はその中に特に色彩に注目して  
 カラーを入れています。
 カラーを入れることの視覚効果でより鮮やかな光景や 状況が浮かび出され印象強い一句となります。

 四季折々の彩りと繊細で美意識の高い季語に触れ
 句を詠んでいます。
 毎日一句、写真とともに味わって下さい。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。