スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨晴間

目覚めた時の晴は
心がシャキッとします。


梅雨晴間
    先ずは心の
          奥を干す

                    華蓮

太陽に会うと
心の底まで晴々。
要らないものすべて
拭い去ってくれます。

10458461_922085497837393_718404825564598270_n.jpg

11403462_929303167115626_1337899966615592203_n.jpg




スポンサーサイト

額の花

来週はもう七月。
今週で今年も半分
過ぎますね。
上半期は変化そのものでした。
その変化に乗りました。
今まででは到底
考えられない自分があり
まだまだ変容、進化したいと
望んでいます。
今年68歳の私だから
今しなきゃ❗️です‼︎
でも歳、関係ないですね。
誰もが『今』しかない‼︎


紫陽花はまだまだ美しい。
静かな額の花にも
秘めたる想い。

情熱は
   冷静に在り
         額の花

                 華蓮


1908194_928805130498763_8798601526322274752_n.jpg

10479421_928817253830884_8390646364604502895_n.jpg


夏桔梗

夏桔梗です。
老舗和菓子店頭に
今年も出会えました!


頑固にも
    味守る老舗
          夏桔梗

                 華蓮

味も夏桔梗も健在です。

11329886_927637963948813_6526718690226555243_n.jpg


華蓮句会

今日は華蓮句会でした。
渡辺 夕衣香さんが参加されました。


机には百合が活けられています。

・五月雨の音やさしくて目をつむる
・夕闇の記憶ほのかに蛍籠
・夏の朝若人の声風清か
・鳥たちの唄声響く夏木立
・密やかな想ひをのせて舞ふ蛍     夕衣香

・百合の香を育んでゐる蕾かな
・さくらんぼ童の笑顔映りさう
・山梔子の白錆びてをり香の錆びず
・龍神の井戸のほとりの木下闇
・夏衣肢体の伸びて来たりけり    華蓮

次回の華蓮句会 7月16日(木)12:30~15:30

t02200293_0480064013340933740.jpg

o0480048013340938662.jpg
1688323_920252464687363_7480017275933843954_n.jpg

アガパンサス

佳子さまの
     笑顔は永遠に
            アガパンサス

                       華蓮

11402752_926649297381013_7467109068450045981_n.jpg

梅雨一日

昨夜はYamasaki Yumikoさんのサロン・ド・シュヴァルブランへ。


ピアノ演奏を聴いたり
歌ったりと楽しい夕べでした。

壁にはオードリー・ヘプバーン。
癒しスポットとしてもサイコー‼️

オードリーと
      仲間とワイン
            梅雨一日

華蓮

皆さま
今日の梅雨晴間をハッピーに

10311035_926148797431063_3689875184257246144_n.jpg

五月闇

今頃の季語に「五月闇」があります。
五月雨の降る頃の暗さをいいます。
この頃の夜の暗さは
「あやめもわかぬ五月闇」などと
いわれる程の漆黒の闇です。
昼間の暗いのもいいます。


龍神の
   井戸のほとりの
           五月闇

                  華蓮

よく開口神社の金龍さまへ
お参りするのですが
雨の日の井戸のほとりに
五月闇を感じます。

皆さま
今日の五月雨を楽しみ
明るめのファッションで
お出かけ下さいませね。

1472827_925616480817628_776615391007761963_n.jpg

カンナ

車道沿いに咲くカンナに
出会いました。


カンナは八月で
秋の季語になります。

赤信号
   めきて車道の
         カンナかな

                   華蓮

情熱の赤。
カンナは何を
訴えているのだろうか⁉︎

皆さま
今日から週の始まりですね。

情熱を持ち何事にも
取り組みましょうと
カンナは言っているのですね

10389989_925076680871608_3439807255279025486_n.jpg

短夜

今頃の季語に「短夜」「明易し」があり
夏の夜の短い感じをいいます。


短夜や
   うたた寝の夢
          また短し

                   華蓮

11406979_924419207604022_1581638374713272130_n.jpg

紫陽花

紫陽花の
    光を足して
         晴の色

                 華蓮

11536123_923971037648839_5170682008774358768_n.jpg

プロフィール

Karen321

Author:Karen321
◆1988年 諷詠俳句 入門  
俳句歴 25年
現在 華蓮カラースクールで月1回 華蓮句会 
第71回まで開催(2008/5より)

◆想い
先ずは日本の各々個性豊かで美しい四季の移ろいを
お伝えしたいと思っています。
 その時期の旬の言葉・・・ 季語を伝えたい。 

季語は、繊細で感受性が強い言の葉です。
季語を知り感じることで心が豊かになり
 生活にメリハリやけじめが生まれます。 
 
 俳句は季語の持っている季感(季語の五文字)と
 五・七の十二文字で自分らしい何かを
 表現するという文芸です。

 漢字をたくさん知り、語彙が多くなり五感が磨かれ
 知性・教養を高くします。

 そんな俳句を皆さんに分りやすくお伝え出来ればと  思っております。

 華蓮俳句はその中に特に色彩に注目して  
 カラーを入れています。
 カラーを入れることの視覚効果でより鮮やかな光景や 状況が浮かび出され印象強い一句となります。

 四季折々の彩りと繊細で美意識の高い季語に触れ
 句を詠んでいます。
 毎日一句、写真とともに味わって下さい。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。