月下美人

【月下美人】
昨夜は華蓮くらぶ
「日常に季節感を!」講座でした。
七月の季語「月下美人」を話したら神秘的、ロマンティックだということですごく盛り上がりました。

✳︎月下美人開く
すべての時止めて 猛

✳︎月下美人
月光の曲流しをり 華蓮

月下美人はメキシコ原産のクジャクサボテンの一種。
純白で直径20㎝くらいの大花。夏の夜、徐々に開き香り高く非常に美しい花。女王花とも呼ばれている。4時間程でしぼむ。
写真はネットで見てネ〜〜

また六月の季語「紅花」は「末摘花」のことでもあり源氏物語を思い出しました。
ちょうどカフェの額に源氏物語のような貼り絵のお姫さまがいました。

季語の花からベートーベン作曲「月光」や源氏物語「末摘花」まで話が広がり実に楽しい講座となりました💖

✳︎「日常に季節感を!」華蓮くらぶ

日程:毎月第四月曜日
18:30〜20:30
開催場所:カフェ・ド・ラ・ぺ
難波駅から徒歩2分

お問合せ:コメント、メッセージより

13510885_1136122869766987_7337985272613810254_n.jpg
スポンサーサイト

仏桑花

【伸びる 伸びる!】
お早うございます。
今年初のハイビスカス、木槿(むくげ)に出会いました。
ハイビスカスは仏桑花(ぶっそうげ)とも呼ばれ夏 七月の季語。
木槿は秋 八月の季語です。

どちらも蕊を長く伸ばしていました
(*^^*)❣️
伸び放題
  自慢の蕊や仏桑花     華蓮

今朝は梅雨晴の気持良いお天気。
今週で六月が終り七月に入ります。
今年の半分は終わるってことね。
いよいよ後半を大切に生きたいですね~~

13512104_1135475729831701_1762204372994353774_n.jpg
13439130_1135475783165029_4878419545068576938_n.jpg


風鈴

風鈴です。早涼し気に吊られていました。
大きく二つに分けるとガラス製と鉄製があり、
ガラス製は江戸風鈴、鉄製は南部風鈴と呼ばれています。
形は様々で楽しいですね(^-^)

風鈴の音の
    水色も銀色も      華蓮


13502084_1134851789894095_1901570382880183143_n.jpg

向日葵

【旧知】
お早うございます。
向日葵(ひまわり)が咲き揃っていました。黄と茶の彩りがきれい。
溢れるパワーが伝わってきます🌻🌻🌻

向日葵と旧知のごとく見つめ合ふ
華礼蓮

一本の向日葵がちょうど目の合う高さでした。しばし立止まりお互に見つめ合っていました〜〜(*^o^*)

13524335_1134168363295771_421945645455121346_n.jpg
13508824_1134168469962427_8681046476704383924_n.jpg



松葉牡丹

【道案内】
松葉牡丹に会いました。
細く多肉質の葉が松葉に似、花は小さいが牡丹に似ているところからこの名がつきました。
遠くからでも鮮やかなローズマゼンタ系のカラーは目立ちました。

道案内
松葉牡丹の紅連ね 華礼蓮


13495042_1133469520032322_8166717368956611150_n.jpg
13431522_1133469496698991_3402964133440679499_n.jpg

アガパンサス

【紫の宝玉】
お早うございます。
アガパンサスです。
細長い茎の頂きには、大きな丸い玉のような花。
その花は小さな薄紫の百合の集まり。風に美しく涼やかです。

空中の大きな紫宝アガパンサス
華礼蓮


13495301_1131913460187928_8728304877006463860_n.jpg

夏椿

【お年頃】
お早うございます。夏椿です。
利晶の杜に佇んでいました。

頬少し染め夏椿お年頃 華礼蓮

昨日は「父の日」でした。
カッコよかったパナマ帽の父をよく思い出します。

無骨なる父の形見のパナマ帽 華礼蓮

「パナマ帽」は夏の季語です。


13466296_1130597976986143_2801514857158190225_n.jpg

桔梗

【秘密の小箱 💜】
お早うございます。
先日紫や白の桔梗に出会えました。

ききょうの蕾
秘密の小箱かな

華礼蓮

桔梗の蕾は可愛くぷっくり膨らんでいます。
なんだか五角形の小箱のよう。その中に何が潜んでいるのかしら⁈
紫や白の妖精がいたら。。。

13428479_1129899123722695_1686281749974339984_n.jpg
華礼蓮

桔梗の蕾は可愛くぷっくり膨らんでいます。
なんだか五角形の小箱のよう。その中に何が潜んでいるのかしら⁈
紫や白の妖精がいたら。。。

「第九十八回華礼蓮句会」

「第九十八回華礼蓮句会」

緑増し鳴声競ふ鳥の増し
住人のごとく廃墟に四葩かな
蛙鳴く誘ふがごとく雨ぽつり
降る雨に蜘蛛の子散らすあめんぼう
葉の上へ一安心や子ででむし      邦花

ストレスを溜めてゐさうな梅雨の空
夏の花眠気覚ましの色揃ふ
サプライズ企んでゐるひまわり黄
紫陽花のルージュの色に整ひぬ
水色のはにかんでゐる額の花      華礼蓮

13442362_1128058353906772_5248700319523400173_n.jpg

桔梗

和菓子屋の 看板娘めき桔梗        華礼蓮

13445797_1126642297381711_4099560949304911841_n.jpg
13434841_1126642307381710_884663403495370676_n.jpg
プロフィール

Karen321

Author:Karen321
◆1988年 諷詠俳句 入門  
俳句歴 25年
現在 華蓮カラースクールで月1回 華蓮句会 
第71回まで開催(2008/5より)

◆想い
先ずは日本の各々個性豊かで美しい四季の移ろいを
お伝えしたいと思っています。
 その時期の旬の言葉・・・ 季語を伝えたい。 

季語は、繊細で感受性が強い言の葉です。
季語を知り感じることで心が豊かになり
 生活にメリハリやけじめが生まれます。 
 
 俳句は季語の持っている季感(季語の五文字)と
 五・七の十二文字で自分らしい何かを
 表現するという文芸です。

 漢字をたくさん知り、語彙が多くなり五感が磨かれ
 知性・教養を高くします。

 そんな俳句を皆さんに分りやすくお伝え出来ればと  思っております。

 華蓮俳句はその中に特に色彩に注目して  
 カラーを入れています。
 カラーを入れることの視覚効果でより鮮やかな光景や 状況が浮かび出され印象強い一句となります。

 四季折々の彩りと繊細で美意識の高い季語に触れ
 句を詠んでいます。
 毎日一句、写真とともに味わって下さい。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR